ARによる次世代広告

これまでの印刷物では実現できなかったプロモーションが可能に!

ARはAugmented Realityの略で「拡張現実」と呼ばれる技術です。印刷物(写真やイラスト、シンボルマーク)などから、限られた紙面では表現できない、より多くの情報を提供することが出来ます。
最も基本的な使い方としては、商品カタログなどの各商品部分をスマホアプリで読み込み動画を再生してより詳細な情報を伝えるといった事例があげられます。
文字や写真だけでは伝わりにくかったことも、ARなら多くの情報をわかりやすく伝わえることができ、注目度もアップします。
また、ARは同じ印刷物でも提供するコンテンツを入れ替えられるため、新しい情報をタイムリーに提供することができ、印刷物の枠を超えたインタラクティブな効果で差別化が図れます。

ARで出来ることは?

さまざまな場面で効果を発揮します!印刷物にARを追加することで、見る人に新しい体験を提供することができます。

一例として…

図鑑やガイドブック
文章では伝えることができない鳥の鳴き声や動物の動きを簡単に見ることができます。

観光パンフレット
外国人観光客に向けて英語での音声ガイダンスや、名所を動画で提供するなど、より魅力的に情報を伝えることができます。

企業の名刺
社員のインタビューを音声や映像で伝えることで、企業の魅力的なPRにつながります。

ARを見るには?

ARの利用にはアプリが必要です。弊社では「COCOAR(ココアル)」アプリを使ったサービスを展開しています。

ココアルアプリダウンロード(iOS,Android対応)

ココアルの使い方動画

ココアルアプリでなにが出来る?

ココアルアプリを使ってマーカーを読み込んだ際、以下のようなことが出来ます。

動画、静止画、テキストの表示
WEBサイトへのリンク
透過画像で写真撮影
クロマキー対応で透過動画再生
3Dオブジェクト表示

プッシュ通知で見込み客をお得意様に!

一度マーカーを読み込んだユーザー向けにプッシュ通知が可能です。アプリを使う行為をしてくれるのは見込客となりますので、その後タイミングよくお知らせを通知することで販促につなげることが出来ます。

GPS機能でもっと便利に!

GPSを使ったマーカーのエリア指定もできます。例えば観光ガイドブックの中でそれぞれの観光地紹介にマーカーを設定し、現地を訪問することでマーカーが反応する設定も可能です。

各地にマーカーを設定しスタンプラリーを実施することも出来ます。

このようにARは使い方次第で強力な集客・販促ツールになります。